顎ニキビをつぶして就活の面接に挑んだ体験口コミ

就職活動中のことでした。やっとのことで、最終面接まで残ることができました。
面接の2日前、顎にニキビができてしまいました。薄いピンク色になって皮膚が腫れています。
今ならまだメイクでカバーできるけれど、面接までには治らないだろうし、さらに悪化するかもしれません。

顎ニキビは目立ちますし、印象も良くないでしょう。もう祈るような気持ちでした。
面接までは夜更かしもせず、食生活にも気をつけましたが、たった2日間のことで効果が現れることはありませんでした。
面接当日の朝、悪い予感が命中しました。顎ニキビが悪化し、ぷくりと白いニキビに変わっていたのです。2日前よりかなり目立ちます。

白ニキビの上からメイクをするのは無理です。ニキビの周りを囲むようにファンデを塗り、面接会場の会社まで行きました。
そして、化粧室でニキビをつぶしました。透明の液体が出てきましたが、コンシーラーとファンデを塗り、面接に挑みました。

面接が終了して化粧室に向かうと透明の液が固まっていました。
しかし、そんな無茶をしたからか、翌日はさらに大きなニキビになってしまったのです。
結局面接は成功しましたが、ニキビが治るまでに一週間近くかかってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA