学生の時、顎ニキビで悩まされた私の口コミ

私は高校2年生のころ、顎ニキビで相当悩まされました。出来始めた時は、またいつものニキビだろうし、すぐ治ると思い込み特に気にはしていませんでした。

しかし、何日たっても治ることはなく、気づけばどんどん大きくなっていってました。しかも中に芯があるような大きなニキビでものすごくいたいし、真っ赤で目立つしで最悪でした。

その悪夢はさらに続いていき、1つしかなかったニキビがどんどん増えはじめたのです。

しかも、どれも芯があって真っ赤ですごく大きいもの。嫌だからどうしても芯を出そうとしては失敗し、赤さが増していき悪循環。学校に行くのも嫌になり、行かない日もありました。

そうこうしていても治るはずはなく、増えていく一方なので、皮膚科に行くことに決めました。皮膚科でも驚かれたくらいのニキビの量でした。

先生は食生活の見直しと、睡眠をしっかりとることと指導され、飲み薬と塗り薬をもらいました。その日から生活習慣にも気を付けるようになり、薬のおかげもあってその日から約か月ほどでほとんど目立たないくらいに。

こんなにも顎ニキビが生活を左右すると思っていませんでした。あの時の教訓を生かして、生活習慣は今でも乱さないようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA